スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

TPP決断 野田首相が参加への交渉を決断した(TPPとは)

TPP決断 野田首相が参加への交渉を決断した

TPPとは最近テレビなどでよく聞く名前であるが、最近の言葉のようにしか思えない。

TPPとは環太平洋戦略的経済連携協定の略でかなり長い名前なので、TPPと略した表現となっている。

Trans-Pacific Partnershipの頭文字をあてただけだ。

わかりやすく言えば、環太平洋にある諸国はこの協定に参加し、関税の撤廃をしていわゆる自由貿易をしようというものなのだ。

私自身経済評論家ではないので、そこまで詳しくは説明ができないが、現在他国から自国への輸入は関税をかけることが可能だ。

その関税を撤廃することにより、どういうことが起きるかということが実は懸念対象となっている。

例えば、1000円でアメリカから何かものを購入して、関税をかける場合、日本ではそれの何%かに関税をかけることができる。

その関税を撤廃することにより、自由に貿易が行えるようにすることだ。

それに対して農業に従事している人が非常に反発しているのである。

日本で農業をしている人が原価500円で作ったものを1000円で販売するとする。

ここで日本の農家に500円の利益が入ってくるのであるが、TPPに加入し関税が撤廃するとアメリカから仮に500円で輸入していた同じモノが500円で輸入されていたとすると現在仮にそれに500円分の関税を掛けたら当然同じ1000円となるのだ。

消費者は日本産1000円、アメリカ産1000円で同じモノとなれば、日本産が購入される確率が非常に高くなるわけだ。

それでTPPへ参加すると関税がかからない為、日本産1000円、アメリカ産500円となり、コストパフォーマンスではアメリカ産に勝つことは非常に困難なのだ。

要するに農家の言い分はこうだ「同じモノを作った場合、関税のかからない諸外国のものが輸入された場合、自分達が作ったものが売れなくなる、だからやめてほしい」と

消費者は安価に買える為ありがたい。

ただし、それで生計を立てている人にとっては非常に死活問題なのだ。

ということで、TPPへの参加は非常に難しく政府としても苦渋の決断なのかもしれない。

ただし、逆の見方をすれば、日本から輸出する場合も関税がかからない。

ということは、アメリカで日本産が高く評価された場合は、日本産のものが売れる可能性もあるのだ。

ただし、現在円高の為、日本からの輸出は非常に困難な状態になっているのも事実だ。

最大の問題は現在GDPが2位となっている中国が不参加を表明している。

ということはこの場合どうなるのかといえば、実は一番輸出をしている国の関税がかからないというのはアメリカにとっては非常にメリットがある協定となっている。

私見であるが、これはある意味日本はアメリカの言いなりになっている部分も多いのではないかと考える。

TPPへの参加交渉への決断は消費者にとってはありがたい話であるが、結局のところアメリカが一番得をするのではないかという様々な意見も多い。

私個人的には日本がTPPへ参加することはどうなのだろ?と考えてしまう今日この頃なのだ。

ただし政府決定=国民が決定(選挙で今の議員を選んだのは国民)という構造になっている為、国民は世論で文句を言えても、実際の決断はできない。

ある一部の農家を守るのと日本国内の消費を活性化するというところを天秤にかけた場合TPPへの参加はやむなしかもしれないが、やはり農家を守るという日本の古い体質を脱却すると共に、農業従事者も海外へのチャンスだと捉えて悲観的にならず、前向きに農業の輸出(日本産の食べ物は安全、おいしい)へもっと自信を持ってもらいたいものである。

最後に日本は放射能汚染などとの海外での風評被害も多く本当にこれでよかったのかと考えられる次第だ。

【相互リンク】
ケータイ情報提供

2011/11/15(火)
テレビ トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。